配信マビ喫茶79回 学生時代に聞いてた音楽とか
2015.10.07 Wednesday 03:30
マビ喫茶晴レル屋第79回【マビ雑談配信】
http://kukulu.erinn.biz/live.php?h60574642




今日は配信の中で、音楽の話をしました。

学生の頃はスピッツやら19やらゆずやら聞いてた話をしたら、

リスナーさんから、


「好きなスピッツの曲を5曲あげるとしたら?」

というコメントを頂いたので、

配信でも話しましたけど、ここでも紹介していこうと思います。







「夜を駆ける」
  

アルバム「三日月ロック」の1曲目を飾る曲です。

このアルバムは全部すきなんですけど、この曲だけは別格ですね(( ´∀`))

静かに盛り上がる、大人なロックって感じがしますね。




「ホタル」



シングル曲ですが、他の曲に比べると、さほど有名な曲ではないかもしれません。

先ほどの夜を駆けるもそうですが、こういう静かな盛り上がり方が、

僕のスピッツの曲のツボなのかもしれません。




「8823」



シビさん学生時代は軽音楽サークル入ってたのですが、

これは結構盛り上がる曲ですね。

今はもう怒られますけど、昔はこれ聞いてよく河川敷を自転車で走っていましたね。

学園祭とかでバンドで演奏すると盛り上がること間違いないですよ。



「楓」



この曲はよく学生のときにアコギ持って路上で歌ってたときの十八番でした。

お別れの歌というと、春をイメージする人が多いかと思いますが、

秋の寂しげな雰囲気も結構合いますね。



「ロビンソン」



この曲は初めて聞いたときは小学生だった頃ですけど、

この曲に出会ったおかげで、音楽やギターや作曲にハマるきっかけになった曲です。

はじめて聞いたときの衝撃を今でも覚えてますね。

こんな曲を作ってみたい!って思ってギターをはじめましたからね。

これは本当に個人的に思い出深い曲ですね。




大学の頃は、軽音サークルだったこともあり、いろんな音楽をかじりましたけど、

自分の中ではアコースティックギターの音がすごく好きで、

自分で曲を作ったり演奏するときもアコギは意識してました。

その原点というか、きっかけになったのがスピッツであり、

歌うときの声質が草野マサムネさんと似てるので、

独学で作曲を勉強するときの参考にさせてもらってました。

スピッツは、世代を超えて聴ける曲だと思うので、

興味を持った人はぜひ、他の曲も聞いてみてください!
| あおい鳥/碧のシービー | 音楽 | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM